ブラジャーの正しい着け方

ブラジャーの正しい着け方

前回
前々回とブラジャーの選び方についてご紹介させていただきました。

今回は、ブラジャーの正しい着け方を大公開!

正しくブラジャーを着けることができないと、せっかくジャストサイズのブラジャーを見つけても台無しです。

ぴったりサイズのブラジャーを正しく着けると、今までとはちがう着け心地になるのはもちろん、バストの形もきれいに整います。

 

ブラジャーの正しい着用方法

 

ブラジャーを正しく着けるポイントは、バストをカップの中にきちんとしまい、無理なく形を整えることです。

今回ご紹介する手順は左側のバストの場合ですので、右側のバストも同じ手順で行ってください。

 

step1「ストラップを肩にかける」

 

ブラジャー フィッティング 1

 

ストラップを肩にかけます。

 

step2「カップにバストを入れてフックを留める」

 

ブラジャー フィッティング 2-1

 

ブラジャーの下側を持ち、上体を前へ倒しながら、バストをカップに無理なく入れてフックを留めます。

 

ブラジャー フィッティング 2-2


フロントホックの場合 ブラジャーの下側をアンダーバストに合わせて、フックを留めます。

 

step3「脇に流れるバストをカップに寄せておさめていく」

 

ブラジャー フィッティング 3

 

上体を前に倒したまま、左手で左のブラジャーのストラップの根本を少し浮かせます。
右手で左のバストをしっかり包んで、真ん中へ向かって寄せながら斜め上へと持ち上げます。

 

step4「ワイヤーを密着させ、ブラトップとバストトップを合わせる」

 

ブラジャー フィッティング 4

 

 

バージスライン(バストの下部分の輪郭)とワイヤーを隙間なく密着するように合わせます。
バストをきれいにカップの中におさめて、バストトップとカップトップを合わせて整えます。

 

step5「ストラップの調節」

 

ブラジャー フィッティング 5

 

上体を起こして、ストラップのアジャスターを調節します。
※アジャスターが後ろにある場合は、着用する前に大まかに調節しておいて、着用後に微調整をしましょう。

 

 

ジャストフィットになっているか確認する

 

ブラジャーがジャストフィットしているか確認する、6つのポイントがあります。

 

point1

バージスラインとワイヤーが隙間なく密着していると、正面から見た時にバストが正円に近い形をしています。

■フィットしていない場合…バストが潰れて楕円になってしまいます。

 

point2

カップやアンダー部分が浮いたり、食い込んだりしていない。

 

point3

トップの位置が上がり、バストがきれいに寄っている。

■フィットしていない場合…トップが下がり、バストが脇からはみ出しています。

 

point4

ワイヤーの前中心(谷間部分)が浮いておらず、バストの上に乗っていない。

■フィットしていない場合…ワイヤーが浮いたり、食い込んだり、バストがワイヤーの上に乗ったりしている。

 

point5

カップ脇からバストがはみ出していない。

 

point6

ブラジャーのアンダーが前後で水平になっている。

 

ジャストフィットしたブラジャーは、ワイヤー、カップ、ストラップすべてが体に密着します。

逆にフィットしていないブラジャーはカップにしっかりとバストが入っていないため、着け心地が悪く、ワイヤーが食い込んでしまうと痛みを伴うことも。

しっかりとフィッティングして、毎日快適にブラジャーを着けられるようになりましょう!

ジャストフィットしないブラジャーの原因と解決方法も、近日ご紹介予定です。

ブラジャー選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す