下着のお洗濯・取り扱い

下着のお洗濯は、素材の痛みと型崩れをなるべく起こさないよう、「手洗い」でお願いいたします。
洗濯機のご使用は、ブラジャーのワイヤーが曲がるなど、着心地の良さをなくしてしまいます。
毎日身に着ける下着だからこそ、丁寧にやさしくお洗濯してあげてください。
 


お洗濯について

☆洗濯前のチェック

■「取扱い絵表示」を確認

下着を洗濯するときには、必ずタグなどに書かれている取り扱い表示と注意事項を確認します。
 

■色の濃いものと薄いものを分ける

一緒に洗うと色移りする場合があります。
手洗いでは、「白いもの」→「淡い色のもの」→「濃い色のもの」の順番で洗うのがポイントです。
干すときや収納の際にも、重なったり触れ合ったりしないようにしましょう。
 

■金具のあるものは、必ず閉める

型崩れ防止や他の衣類に引っかからないよう、フックやファスナーをきちんと閉めてからお洗濯します。

■パッドなどは別に洗う

ブラジャーなどの、取りはずしができるパッドは、ウレタンなどを使用していて、洗剤が残りやすくなっています。
取り外して別洗いをしましょう。
また、ストラップレスのブラジャーの場合は、肩紐も外して、別々に洗うことをおすすめします。

■洗剤はよく溶かす

お洗濯をするアイテムを入れる前に、洗剤を水(ぬるま湯)にしっかりと溶かしましょう。
洗剤の量が多すぎたり、洗濯物に直接洗剤を振りかけると、生地を傷めてしまうことがあります。


☆洗濯方法

■洗濯:手洗いの時のコツ

大き目の容器を使います。
おすすめの洗い方は「振り洗い」です。
振り洗いは、洗剤を溶かした水(洗濯液)の中で、衣類の両端をつまんで素早く振るように洗う方法です。
汚れがひどい箇所には「つかみ洗い」をします。
洗濯液の中で、汚れの気になる部分を握ったり、離したりを繰り返す、部分洗いの方法です。
力強くもんだり、ねじったりすると型崩れなどの原因になります。
 

■すすぎの仕方

洗剤が残っていると、黄ばみや色落ちの原因になりますので、すすぎはしっかりとしましょう。
洗濯液をきれいな水に変えて、水の中でやさしく沈めたり軽く押すなどを繰り返します。
泡が見えなくなるまで、水を2、3回ほど取り換えてすすぎます。
 

■脱水の仕方

軽く振って水気を落とします。
それから、タオルで包み込むようにして、そっと水気をとってください。(押し絞り)
ねじり絞ったりすると下着が痛みますので、やめましょう。
 


☆使用洗剤の注意

■洗濯洗剤について

中性洗剤…絵表示で「中性」と指定されているもの、シルク、ウール
弱アルカリ性洗剤…綿、麻、合成繊維
※蛍光増白剤が配合されている場合は、変色を避けるために、洗剤を良く溶かしてから使いましょう。
 

■柔軟剤について

仕上がりや肌触りをよくするための柔軟剤は、洗剤をしっかりとすすぎ落した後に使います。
柔軟剤のラベルに書かれた適量をきれいな水に入れて、やさしく下着になじませます。
もちろん、柔軟剤のすすぎもしっかりと行いましょう。
※素材によっては、柔軟剤が使用出来ない場合があります。
 

■漂白剤について

塩素系の漂白剤は、下着を痛める原因となりますので使用しないでください。
 


☆乾燥方法

脱水後はすぐに「形を整える」→「陰干し」をします。
天日干しや乾燥機の使用は避けましょう。

 

■形を整える

干す前に、下着の形を整えます。
ブラジャーのカップの形をきれいに保ち、レースの縮みを防ぐためです。
ショーツなどのランジェリーについても、やさしくシワを伸ばしておきましょう。
 

■干し方

きれいに形を整えた下着は、風通しの良い日影に干します。
直射日光に当てると、黄ばみ・退色などの原因になってしまうためです。
干し方のポイントは、どのアイテムも着用している時に近い形で干すことと、伸びにくい部分を洗濯バサミではさむことです。
 


☆収納の仕方

ブラジャーは、カップをつぶさないように丁寧にたたみます。
その他の下着についても、しわや型崩れが起きないように収納しましょう。

■しっかり乾いているかチェック

少しでもしめっていると、しわの原因になるばかりか、カビがはえる恐れもあります。
しっかり乾かしてから収納しましょう。
 

■詰めすぎない!

型崩れの原因になりますので、収納場所をぎゅうぎゅうに詰めすぎないように注意してください。
きれいにたたんで、余裕のある場所に収納しましょう。
 

■長期の収納について

しばらく使わないアイテムは、風通しを良くして収納します。
密閉袋などに入れて収納しないようにしましょう。